So-net無料ブログ作成

東大野球部、71連敗ワースト記録更新。。。 [野球]

本日、東大野球部が自身の記録を塗り替える連敗記録を達成しました[ふらふら]

本日の東大は3日、神宮球場で行われた春季リーグ戦の早大1回戦の試合は0-11で
一方的な試合で負けを期し、不名誉な記録を更新してしまいました。
71連敗とある意味すごい記録ですね[あせあせ(飛び散る汗)]

前回の勝利は2010年の秋、くしくも記録更新の試合となった相手、早大だったようです。
その時の早大の投手は斎藤佑樹投手(現日本ハム)で、ハンカチ王子と持てはやされたときですね[わーい(嬉しい顔)]
2010年の秋からですので、今の現役選手は一度も勝利というものを経験していないことになります。

東大が所属しているリーグは東京六大学野球リーグです。
なぜこんなに差があり東大が弱いとされているのか?

その理由ですが、
東大は知ってのとおり大学ランキング、日本で一番の大学です[exclamation×2]
その学業においてとても狭き門を勝ち抜いてきた人しか入れない野球部だからです。
東京六大学のうちほかの五校はスポーツ推薦の枠があり、野球をひたすら頑張ってきた人をとっています。
なので、もちろんのこと差が出て当たり前なのです[あせあせ(飛び散る汗)]

71連敗もするほどに差があるのに、なぜリーグ戦に参加しているかというと、
実は結構感動的なストーリがあるようです[ぴかぴか(新しい)]

まず東大に正式な野球部ができたのがはるか昔1919年
その後、東京六大学リーグの発足は1925年秋です。

発足する前に一つの出来事がありそれが今も東大が差がある中、リーグでの残ってる理由だそです[わーい(嬉しい顔)]

その出来事とは、

まず、リーグ発足時に、テストも兼ねて各大学で対戦をしました。
その時、東大はかなりの健闘を見せました。
ただ、この時は東武雄、清水健太郎というバッテリーが居たため、
東大はかなり強かったが、この二人が卒業してしまえば、大幅な弱体化が予想されていました。
そのために東京六大学連盟は、脱退しないことを条件に東大の加盟を決定しました。

また、東大の初代野球部長・長與又郎も、東大の選手達に、
「どんなに苦しくても、絶対にリーグを脱退しない事」 「加盟した以上、一度は必ず優勝する事」
という厳しいことを仰ったそうです。

その言われたことの一つめを現役の選手は知ってか知らずか、守っています[exclamation×2]
二つ目の優勝もいつか叶う日が来るといいですね[わーい(嬉しい顔)]
ニュースで話題になってたので調べましたが、東大野球部のファンになりそうです[手(チョキ)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。